ScalaMatsuri運営ブログ

アジア最大級のScalaカンファレンス「ScalaMatsuri」の運営ブログです。このブログは株式会社はてな様のご協力でお送りしています。

まだ間に合う!ScalaMatsuri 2019でもらえるTシャツ3種を公開!

こんにちは、ScalaMatsuri座長の麻植(おえ)です。

前回に引き続き、6月27日〜29日のScalaMatsuri 2019の開催直前企画です。

前回の記事はこちら。

ScalaMatsuri開催間近!! Scala初心者向けセッションを紹介します! - ScalaMatsuri運営ブログ

今回は、ScalaMatsuriで配布するTシャツ3種をご紹介します!サンプル完成したてのホヤホヤです。

f:id:oe_uia:20190611010805j:plain
今年のScalaMatsuriは、何とTシャツが3種類!

全てのTシャツについて、まだ入手する手段が残っていますので、あわせてご紹介します。

参加者Tシャツ

f:id:oe_uia:20190611010816j:plainf:id:oe_uia:20190611010827j:plain
参加者Tシャツ

今年のボディカラーは深緑色。背面には毎年恒例の、筆文字のMロゴと、将軍家のロゴを掲載。さらに今年は、前面にScalaの螺旋階段をイメージした筆文字の螺旋ロゴを配置してます。 さらに初夏開催ということで、ドライ素材を使用しています。

カンファレンスDAY & アンカンファレンスDAYの全参加者(一般参加者、スポンサー招待枠利用者、スピーカー、コアスタッフと当日スタッフ)がもらえます。6/27の お絵かきで学ぶScala教室、およびOSSハッカソンではもらうことができませんので、注意してください。

アンカンファレンスDAY(6/29 土曜日)のみチケットを購入した方も、このTシャツを受け取ることができます!

1日だけでも、ぜひ遊び来てくださいね。

scalaconfjp.doorkeeper.jp

スタッフTシャツ

f:id:oe_uia:20190611010838j:plainf:id:oe_uia:20190611010851j:plain
スタッフTシャツ

今年は初夏開催ということで、スタッフユニフォームは例年のパーカーや法被ではなく、ドライ素材のTシャツになりました。 発色の良い黄色のボディに、紺と赤のロゴが映えています。(個人的には一番好きな配色です)

コアスタッフ、当日スタッフ(募集中)、そしてお絵かきで学ぶScala教室の「Scalaの先生」がもらえます。

Scalaを教えたことがある、もしくは教えてみたいという方、Scalaの先生 にチャレンジしてみませんか?

scalaconfjp.doorkeeper.jp

スピーカーTシャツ

f:id:oe_uia:20190611010902j:plainf:id:oe_uia:20190611010917j:plain
スピーカーTシャツ

スピーカー仕様ということでプレミアム感のある金ラメのプリントに加え、前面の螺旋階段がすこーし伸びてます!(笑) こちらもドライ素材を使用しており、ボディカラーは黒です。

このTシャツは、CFPで採択されたカンファレンスDAY&アンカンファレンスDAYの全スピーカー、CFPの選考委員、6/29のアンカンファレンス当日に登壇が決まったスピーカー(先着)、そして OSSハッカソン中にPullRequestを出せた参加者(先着)がもらえます。

このTシャツが欲しくなった方も、まだ間に合います。アンカンファレンス当日の登壇、もしくはOSSハッカソンでのコントリビュートに挑戦してみませんか?

scalaconfjp.doorkeeper.jp

scalaconfjp.doorkeeper.jp

OSSハッカソンって何?という方は、ブログ記事も参照してくださいね。

ScalaMatsuri 2019 OSS ハッカソンの参加者募集中!今年もOSSコントリビュータを目指そう! - ScalaMatsuri運営ブログ

皆さんのご参加お待ちしています!